総督と能力一覧

総督は特定の社会制度を取得した時などに貰える総督の称号ポイントを消費することで雇用・能力を習得できます。 総督は都市に着任すると能力を発揮する他、都市の忠誠心を+8/Tする効果もあります。

総督の称号ポイントは社会制度から13ポイント得られ、他にも偉人や建造物などで若干増えます。 総督数は7人で1人の能力をフル習得させるのに必要なポイントは6です。

城代

ビクター

<初期能力>
都市の守備隊の戦闘力+5
<守備隊指揮官>
都市の領土で防衛にあたるユニットの戦闘力+5
<防衛兵站>
都市が攻囲されなくなる
<膨張専門家>
都市における敵スパイの活動レベル-2
<銃眼>
都市の砲撃回数+1
<防空構想>
都市の対空支援ユニットの対空攻撃時に戦闘力+25

厳しい状況下にある都市を支える能力に長けますが、能力がどれも消極的過ぎるでしょう。 いれば使うことはあっても、わざわざ優先的に雇うことはあまりしないです。 余程タイトな状況なら活躍するかもしれませんが…

総督は配属から着任まで通常5Tかかりますが、城代だけは3Tで着任できます。

外交官

アマニ

<初期能力>
都市国家へ配属可能。代表団2つに相当する。
<公使>
9タイル以内の他文明の都市の忠誠心+2/T
<名声>
9タイル以内の自文明の都市の忠誠心+2/T
<潤沢>
都市国家に着任時その都市の高級資源と同じものを得る
<奨励者>
都市の快適性+4
<人形遣い>
着任した都市国家の代表団の人数2倍

拡大プレイのボトルネックになりがちな都市の忠誠心をカバーする能力を持ちます。 とりあえず公使と名声取って切り取った都市においておけば都市の忠誠心が大分楽になります。

ある程度文明の拡張が終わった後は都市国家に置けば代表団になります。 自分が守れない位置にある都市国家は制圧されて代表団が無駄になりがちなので、アマニを置いて少ない代表団でボーナスが取れるようにしておきましょう。

総督は通常自都市にしか配属できませんが、外交官は自文明と戦争していない都市国家へ配属することが可能です。

枢機卿

モクシャ

<初期能力>
都市が隣接都市に与える宗教的圧力+100%
<大審問官>
都市内の進学戦争で宗教戦闘力+10
<聖なる建築者>
都市の聖地建造物に対する生産力+20%
<癒しの手>
総督の下で訓練された宗教ユニットはこの都市のタイルで1Tで全回復する
<神の砦>
都市は他宗教の圧力・戦闘効果を受けない
<守護聖人>都市で訓練された使徒は追加のレベルアップを得る

宗教勝利を目指すならフル活用、目指さないなら雇いすらしないという総督です。 能力が全て宗教に関するものなので、宗教を頑張るつもりなら雇用しておきましょう。

官房長

マグナス

<初期能力>
都市での収穫や特徴の削除による産出物+50%
<余剰管理>
都市の成長+20%、交易路がこの都市で終わる場合、開始地点に食料+2
<備蓄>
工業地帯の建造物に対する生産力+20%、開拓者を人口消費なしで生産可能
<実業家>
都市の戦略資源事に生産力+1
<闇商人>
都市で戦略資源が必要なユニットを戦略資源なしで作れる
<垂直統合>
都市が付近すべての工業地帯から生産力を得る

生産に関する特性が多いですが、何勝利を目指すにも初期能力と余剰管理がとても便利です。 工業地帯を沢山建てている状態なら垂直統合がとても強いです。

調査官

<初期能力>
都市で訓練された労働者の労働力+1
<インフラ>
都心と政府複合施設の建造物に対する生産力+30%
<養殖漁業>
都市の沿岸タイルに養殖場を建設できるようになる。食料1、海洋資源に隣接している場合食料+1
<都市計画委員>
都市の区域の建設に対する生産力+30%
<アミューズメント>
都市内の総合娯楽施設とウォーターパークに対する生産力+30%
<公園と娯楽>
都市に固有私設「都市公園」を建設できる。アピール+2、文化+1、水域に接していれば快適性+1

初期能力が便利なので労働者の量産前にとりあえず雇っておくと改善が捗ります。

目玉能力は公園と娯楽で得られる労働者改善の「都市公園」ですかね。 文化勝利を目指すなら早いうちに開けて各所に貼りまわっておきたいです。

インフラ、養殖漁業、都市計画委員辺りは何にしても役に立つので、ポイントに余裕があれば取っておきましょう。

教育者

ピンガラ

<初期能力>
都市が産出する科学・文化+15%
<鑑定家>
都市の劇場広場に対する生産力+20%
<研究員>
都市のキャンパスに対する生産力+20%
<助成者>
都市の偉人ポイント+100%
<軍拡競争支持者>
都市の核兵器開発の生産力+30%
<宇宙開発構想>
都市の宇宙開発プログラムの生産力+30%

目玉能力は宇宙開発構想による宇宙船生産ブーストですね。 これにより大技術者セルゲイ・コロリョフの「宇宙開発競争プロジェクトに1500」が1950になりプロジェクトを即時完成させられます。 ただ科学勝利偉人を活用する場合は他の偉人でブーストをかけることが多く、ピンガラはいてもいなくてもほぼ勝利に寄与しない事が多いです。

状況にもよると思いますが、科学勝利ならマグナスの垂直統合の方が強力に作用する気がします。 宇宙開発構想の補正も偉人のものに比べると微々たるものですし、初期能力だけ取る・雇用しないなどで良いかもしれません。

財務官

レイナ

<初期能力>
都市のタイル取得が早まる
<港長>
都市の商業ハブと港の隣接ボーナス2倍
<外国為替>
都市を通過する他国の交易路1につきゴールド+3
<収税吏>
都市の人口1につきゴールド+2
<建築請負人>
都市がゴールドで区域を購入可能になる
<学芸員>
着任した都市の傑作による観光力2倍

かなり微妙な能力が揃っています。 ゴールド余ってれば建築請負人も良いですが、使い道は他にいくらでもあるんじゃないかと。 強いて言えば終盤に手に入れた都市のテコ入れに使うぐらいでしょうか。 少数都市運営であればそれなりに文明に寄与しますが、多都市運営なら特に必要ありません。

ただ文化勝利時に学芸員は便利です。そんなに効果がある訳ではありませんが首都に置いとけば1都市分の観光を追加で得られる感じになります。 特にコンゴの場合はお得感が高いです。

備考

スパイのミッションにて敵総督を一時的に解任することが可能です。 総督頼りの状態でこれを貰うとエライことになるのは覚えておきましょう。

対策としては総督に頼り過ぎない運用をする、こちらもスパイで防諜しておく、文明を沢山滅亡させておくなどが挙げられます。