戦争の基本と攻略

侵攻する都市を選定しよう

そもそも戦争すべきなのか考えよう

近場に手頃な都市があれば戦争すれば良いですが、必ずしもそのようなマップを引くとは限りません。 戦争の最大の戦果は敵都市の切り取りですが、無理攻めはコストパフォーマンスが悪く、自力拡張に勤しんでいた方がマシという状況も多々あります。

例えば至近に攻めやすそうな都市があるなんて状況は戦争による利益が大きく、遠い上に攻めにくい都市しかないなんて状況は利益が少ないどころか損になる可能性も高いです。 どこが損益分岐点になるかはプレイスタイルやプレイヤースキルにもよりますが、何となくは分かると思います。

また相手文明によっても攻めやすさは変わります。 UUや軍事特性を持っている戦争屋文明を倒すのは骨が折れるので、どちらかと言えば内政重視で戦争が弱い文明から倒していく方が捗ります。

勝利に必ずしも戦争が必要な訳ではなく、自力拡張のみでも難易度神クリアは十二分に可能です。 戦争を仕掛ける前に、まずは戦争が文明に利益をもたらす状況かを考えてみましょう。

他文明の都市周辺の地形を見よう

射線がよく通る場所なら遠隔ユニットが心強いですが、そうでない都市ではあまり役に立ちません。 また都市周辺の地形がどうなっているかも都市の落としやすさに大きく影響します。

都市を落とすのに適したユニット編成を考え、効果的な軍団を派遣しましょう。

都市を維持できるか考えよう

都市を落としたところで忠誠心が厳しいと維持できず、特に敵首都近くの都市は簡単に忠誠がなくなって自由都市化します。 戦争を仕掛ける場合は「忠誠圧力の高い敵首都を早期に落とせる配置か」「忠誠圧力が問題ないルート進行を取れるか」などを確認し、ルートを決めて侵攻しましょう。

戦果があまり芳しくなかった時に手に入れた都市を維持できるか考えておくのも重要です。 三都市切り取って和平しても全て離反されてしまっては意味がなく、一都市落としただけでも恒久的に維持できるのなら悪くありません。

どんな戦果を挙げれば戦後どうなるかを考えた上で戦争に臨むと良いでしょう。 そうすれば多少無理してでも押すべきか、厳しそうなら退くべきかの判断もしやすくなります。

序盤は数都市落とすだけでも悪くない

文明の力が都市数に大きく左右されるゲームなので都市数は重要で、特に都市が少ない序盤は1都市増えるだけでも大分変わります。

都市をあまり切り取れない状況でも、そこで切り取っただけ先の時代で有利に立ち回れます。 序盤は隙あらば切り取るぐらいの心構えでいきましょう。宗主国になる気のない都市国家を落とすのも手です。

ラッシュユニットの揃え方

ラッシュには大量のユニットが必要になりますが、強力なユニットほど作成に時間がかかります。 なのでラッシュユニットを早期配備するには、ユニットのUGを利用します。

弓兵で6体でラッシュする場合を考えてみましょう。 弓兵は60で、コイツを6体作るには360かかります。 序盤の都市で作るのは相当の時間がかかりますね。

しかしUG前の投石兵でしたら35で制作可能なので210で6体制作できます。 代わりに1体UGするのに60必要になるので、360余計にかかるようになります。

何もない時でしたらどちらが良いかは状況次第ですが、ラッシュユニットを用意する際にはUGを利用すべきです。 ラッシュユニットは登場が早いほどに強く大きな戦果を期待できるため、少ない生産力で揃えて早期にラッシュユニットを仕掛けるべきだからです。 なるべく多くのユニットをUG経由で揃えられるようにゴールドは確保しておきましょう。

UG先ユニット技術を取るとUG前ユニットは陳腐化して作れなくなるので、技術を残り1Tまで進めてユニット数が揃うまで解禁しないのも手です。

大将軍を用意すると楽

大将軍は出すのが面倒ですが軍事ユニットに強烈な補正がかかります。 特に戦闘力・移動力の低い序盤は相対的に補正が大きいので、いるのといないのでは大違いです。

古典の大将軍を出しておくと中世ラッシュユニットまで効果があるので序盤の戦争がとても捗ります。 他文明への侵攻が厳しい状況なら大将軍による打開を狙うと良いでしょう。

都市攻め

都市の前に敵ユニットを処理しよう

都市のHPと戦闘力はユニットの比ではなく、周囲全てを軍事ユニットで囲んでもなお攻略には時間がかかります。 しかし都市は危険な相手で、遠隔ユニットが駐留していると一方的に攻撃されるし、時代が進むと砲撃までしてくるようになります。

なので都市攻略の前にまず都市から離れた場所で敵戦力を壊滅させましょう。 まずは腰を据えて都市攻略ができる状況を作る所から始めます。

都市の攻囲を狙おう

都市が完全に敵ユニットに囲まれると「攻囲状態」となりターン経過による回復ができなくなります。 都市はHPと戦闘力が高く攻略には何Tもかかるので、それだけターン回復する機会も多くなります。 これを攻囲状態によって潰せるので、攻める時には積極的に狙い、守る時には攻囲されないように気を付けましょう。

攻囲になる条件は敵ユニット及びそのZOC、侵入不可タイルに周囲を全て囲まれることです。 ZOCを持たない投石兵ならぐるっと囲む必要がありますが、ZOC持ちの戦士なら二体で攻囲状態にすることも可能です。

ZOCとはZone of Controlの略で、ZOC持ちユニットの隣接タイルに影響を及ぼしています。

移動して敵ZOCに入ると敵方向にしか動けない他、都市の攻囲に影響します。 近接戦闘ユニットは大体ZOCを持っていて、他は大体ZOCを持っていません。

なお総督ビクターが防衛兵站を習得した状態で駐留していると都市が攻囲状態にならなくなります。 ビクターは他にも色々と防衛に有利な能力を持っているので、敵都市に駐留している時は注意しましょう。

近接ユニット中心なら破壊槌と攻城塔を上手く使おう

近接ユニットはそれだけで都市を攻めるのにあまり向いておらず、特に防壁を建てられてしまうとかなり手こずります。そんな時には支援ユニット「破壊槌」と「攻城塔」を上手く使いましょう。

破壊槌には近接ユニットの防壁へのダメージを跳ね上げる効果があります。 近接ユニットが防壁を無力化する力が大きく上がり、また防壁の無力化は遠隔ユニットと連携して都市を攻撃する際にも大きな効果を発揮します。

攻城塔には近接ユニットの都市へのダメージを跳ね上げる効果があります。 ただし防壁は固いままなので、遠隔ユニットへの援護にはなりにくい側面もあります。 なので近接ユニットだけで都市を攻撃するのに特に効果を発揮します。

もちろん両方使ってもOKで、都市にも防壁にもダメージを与えられるようになります。 近接中心の編成であればどんどん活用しましょう。

なお近代の技術「鉄鋼」を開発して都市防衛が解除された文明に対しては攻城支援ユニットの効果が切れます。 都市が遠距離攻撃してくるのが合図です。

なお2019/6パッチで騎兵系ユニットが破壊槌と攻城塔の恩恵を得られなくなりました。 そんなあ…

ユニットについて

資源のターン消費は軍団化すると得

ユニットの中には毎ターン資源消費を要求するものもいます。 資源を要求するユニットは強力な一方で、何体もそんなユニットがいると資源が足りなくて大変です。

これらユニットの要求資源は軍団・大軍団化しても変わりません。 例えば巨大戦闘ロボは毎ターンウランを3消費しますが、ロボ軍団もロボ軍団も消費ウランは3/Tです。

状況にもよりますが、軍団化してしまった方が得になるケースは多いです。

序盤の練習は決闘パンゲアがお勧め

序盤の戦争含めた立ち回りは後のゲーム進行を大きく左右します。 ここで有利になってしまえば、後は有利を押し付けるだけで勝利までこぎ着けます。

そんな序盤の練習におススメなのが決闘パンゲアです。 攻めやすいMAPなら古代~古典に、そうでなくとも中世には大勢を決せると思います。

通常設定でもやることはそれほど変わらないので、まずは決闘パンゲアで序盤の立ち回りを練習してみてはどうでしょうか。

\share/