Civ6勝利条件別攻略-序盤・共通編

都市を建設する場所

ゲームを始めるとシド星に開拓者と戦士が投げ出されます。 開拓者は都市を建設することができ、そこからあなたの文明が始まります。

開拓者は大抵は立地の良い場所に置かれるのでそのまま都市建設してもいいです。 ただもっといい立地が周囲にあるかもしれないので、最初に戦士を使って周囲を見渡してみましょう。 以下のことを意識し、より良い立地に1~3Tぐらいで行けるのであれば移動を考えましょう。

まず水です。都市建設時に「住宅」が貰えるのですが、この数には水が関係しています。 淡水横なら5つ貰えますが、海水横のみだと3つしか貰えず、そのどちらもなければ2つです。 都市の人口は住宅の数以上には伸びにくいので、なるべくなら淡水沿い、最低でも海沿いに建てましょう。 (用水路で水を引いてくることができますが面倒です)

次に周囲のタイルです。 都市は周囲3タイルまで文化圏を伸ばすことができるので、その中に強力なタイルが多いほど強いです。 草原・平原の丘陵かつ森タイルは食料と生産の合計が4と資源がなくても強力です。 また資源タイルは出力が高いものが多いですし、高級・戦略資源は改善すれば他文明に売却することもできるので近くにあると嬉しいです。

最後に直下タイルです。 直下が丘陵の場合は都市の防御力が少し上がります。序盤からAIや蛮族のラッシュが来るゲームなので、少しの違いが紙一重の差になることもあります。 また平原丘陵の場合は直下タイルの生産が+1になりお得です。つまり平原丘陵の上に建てるのがおいしいです。

資源の上に都市建設するのも割と手です。 出力が食料2・ハンマー1を超えればその分は都市出力として乗りますし、戦略資源や高級資源は即が手に入ります。 資源をあらかじめ持っているとAIに出会った時にとりあえず売ってユニットを買えるぐらいにはなるので序盤の安定に一役買います。

海沿い都市についてですが、海方向は基本的に出力が弱いので都市出力が不足しがちになります。 海沿い都市では港がなくとも海軍ユニットが作れる利点はありますが、海沿いでなくとも港を作れば海軍は作れます。 文化圏に陸地に接する海タイルがあれば港やウォーターパークを建てられるので、海から1マス離して建てるのも手です。 周辺タイルと相談して決めましょう。

序盤の探索

開拓者が都市を建てたらとりあえず戦士が探索を担当する訳ですが、あまり遠くにいくのは不味いです。 遠くまで探索する方が後々の都合はいいですが、誰も防衛に付いていない都市をAIに襲われたら滅亡待ったなしです。

安定を気にするなら都市の周りをグルグル回るように探索し、もし不穏な空気になればすぐ戻れる距離を保ちたいですね。 遠くの探索は斥候に任せるか、他にユニットができた後にしましょう。

序盤は海方向に見るべきものはほとんどないので、マップは陸地から埋めましょう。 都市国家、他文明、先住民の集落、蛮族の野営地などを探しましょう。

都市国家と初めて遭遇した文明はその場で派遣団を1つ貰えます。 序盤はこの出力アップ分が結構大きいので貰えたらラッキーです。

立ち上がり

ゲームが始まってからしばらくの間、あなたは全文明の中でも最も脆弱な存在です。(※高難易度限定の話ですが) AIは基本的にアホとは言え物量はそれなりに脅威であり舐めていると死にます。

安定させるには最低限身を守るための防衛戦力を用意しなければなりません。 地形にもよりますが戦士1・弓2~3が序盤に防衛戦で負けない戦力の目安です。もちろん多いに越したことはありません。

安定を取るのであれば初手から戦士1体&投石兵を2体ほど作って弓術を2手目に目指すべきです。 少し崩すにしてもなるべく早く作るべきでしょう。遅くとも弓術の開発は3手目までに定めたいですね。

私の場合は安定を少々犠牲にしますが、モニュメントと労働者を先に作って先のリターンを増やす形にしています。 弓術の研究は2~3番目で、更に職人技の「スパルタ訓練」を最優先で目指して弓の量産体制に入ります。

なおゴールドに余裕があるなら弓兵を作るよりも投石兵からアップデートした方がゴ早く弓兵を揃えられます。 弓術の完成を残り1ターンで止め、投石兵をひたすら作ってから弓術取得→UGすると早く沢山弓兵を揃えることができます。 状況とゴールドに余裕があるなら手です。

周囲を見渡す

都市の周辺は探索してクリアになったら状況に応じて次の方針を決めましょう。 基本的に戦争して都市を奪いたいですが、難しい場合も多いです。

都市を攻め落とせそうにない場合

他文明が遠すぎる場合は遠くの都市を制圧しても忠誠心の問題で維持が難しいです。 なので序盤のラッシュは見送り軍備はほどほどにして自力拡張の準備を始めましょう。

近くに他文明がいても難攻不落だったり強力な戦争屋でやれるか分からないかったりの時はまずは自力拡張を考えた方が良いでしょう。 この場合は拡張と平行して宣戦&自都市周辺で敵ユニットを削り、息切れした所を狙うか先の時代のラッシュユニットで改めて攻めるかすると良いでしょう。

他文明の都市が微妙に遠い場合

他文明が微妙に遠い場合、やはり忠誠心の問題で制圧した都市の維持が難しいです。 しかしそこまで遠くなければ間に1~2都市も出せば忠誠圧力をかけて十分カバーできます。 開拓と軍拡を平行して行いましょう。

最初の開拓者は安いのでゴールドで購入するのも手ですが、余裕がない場合や複数の都市が必要な場合は生産もしましょう。 社会制度は労働徴発に向かって早期に総督を解禁し、忠誠心のカバー大勢を整えて都市を切り取っても問題ない程度に忠誠圧力を確保すれば開戦です。

他文明の都市が至近距離にある場合

さっさと侵攻軍を作ってラッシュしましょう。 首都市民の忠誠圧力は高いので、こちらの首都近くの都市なら落としても簡単には反乱されないでしょう。

この場合は社会制度は労働徴発直で総督を解禁した方が良いです。 落とした都市には総督を配置して忠誠心の低下を抑えて反乱ターンを遅らせて敵首都へなだれ込みましょう。

この場合は無印とやる事はほとんど同じです。

社会制度

序盤の社会制度は基本的に生産アップするものをセットして生産を加速させるものがいいです。 パンテオンが欲しいまたは宗教する気なら「神王」を、それ以外なら生産+1を付けておけばよいです。

次に最優先で職人技を研究してスパルタ訓練をセットしましょう。 攻めるにしろ守るにしろ最低限の軍備は必要になるので、弓兵の訓練コストを下げるスパルタ訓練は神制度です。 序盤は弓兵を大量配備するのがこのゲームの基本となっています。

政治哲学を取って政府を選択した後は何勝利にしろ「封建制度(労働者の回数アップ)」「傭兵(UG費用半額)」は目指しておいて損はありません。 常に最優先という訳ではありませんが状況に依らず役に立ちます。

後は自力拡張するタイミングで開拓者や労働者の生産力アップ政策を付ける、ある程度都市が増えて区域が建ったら区域や建造物にボーナスが付く政策を付けるって感じでしょうか。

パンテオンと宗教

パンテオンは信仰を規定値貯めれば選べるようになります。 序盤であれば首長制の「神王」や宗教都市国家への派遣団などを使えば信仰ポイントが貯まっていきます。 パンテオンの効果は宗教に塗りつぶされるまでの間有効で、そんなにコストはかからないしリターンもそれなりなので狙って損はありません。 ただ高難易度で狙ったパンテオンを得るのは難しいので特に難易度神では諦めも肝心です。

宗教についてはあまり必要性は感じません。 創始するには大預言者が必要ですが、それには序盤からストーンヘンジや聖地などに生産を割かなければなりません。 弓作るのに忙しいからそんなものを作ってる暇はないです。

宗教や信仰は何勝利をするにも助けとなりますし、特に宗教勝利の達成や妨害には必須と言えます。 しかし宗教勝利を目指さない場合、楽に宗教できる特性や自然遺産などがない限りは聖地を作って宗教する価値はないです。 基本的にパンテオンだけ考えていればいいでしょう。

サラディンやギリシャの2人など、楽に創始できる指導者特性を持つ者であれば宗教する気がなくても創始しても良いかもしれません。 「信仰の守護者」の戦闘力ボーナスは何勝利を目指す時にも役立ちます。

蛮族対策

全文明・都市国家の視界外のタイルにランダムで蛮族の野営地が発生します。 序盤はそんな場所が多いので特に沢山発生しますね。

野営地ができると守衛と斥候がセットで発生します。 守衛は野営地からあまり動きませんが、斥候は文明や都市国家の都市を探し回ります。

斥候が都市を見つける(視界に収める)とアイコンに「!」が付き、今度は野営地に帰ろうとします。 野営地まで無事戻ると蛮族軍団が発生し、都市へと襲来してきます。

野営地は探索済みタイルであれば発生したことが分かります。 ターン開始時に変な掛け声がしたら野営地発生の合図で、どこかに野営地アイコンができているはずです。

通常の蛮族対策

ゲームが始まったらまず自文明の周囲をぐるぐる探索しましょう。 探索済みにしておけば至近距離の野営地発生がすぐ分かるので対処が楽になります。

蛮族斥候を見かけたら可能なら狩りたいですが、逃げ回るので難しいことも多いです。 そんな時は「蛮族斥候に都市を見せない」ことを心がけて立ち回ると良いです。 蛮族斥候が役目を果たせなければ蛮族軍団が襲来することもないですからね。

近場の野営地は可能なら潰しておきましょう。 蛮族は待機で体力を回復できない(※略奪で回復する)ため、野営地は戦士一体でも回復を挟みながら3~4回殴れば潰せます。 ただ投石兵一体では厳しいので、弓兵になるまで待ちましょう。

他文明や都市国家が周辺にいる野営地はAIが処理したり蛮族軍が発生してもそちらに流れたりする可能性があります。 しかし自分以外誰もいない方向はどうあがいても自文明にくるので、そんな野営地は優先的に対処しましょう。

蛮族軍団対策

都市を見つけた蛮族の斥候が野営地まで戻ると蛮族軍団がポップして襲来してきます。

蛮族軍団の戦力は序盤は驚異的であり、正面からぶつかると壊滅的な被害を受けます。 しかし実は蛮族は都市を落とすことができないため、都市を盾にすれば時間はかかりますが損害ゼロで勝利することも可能です。 危ないと思ったら迷わず都市に引きこもりましょう。

蛮族の近接ユニットは放っておいても都市やユニットを殴って勝手に消耗するので遠隔ユニットを優先的に処理しましょう。 こちらの戦士も基本的には殴るより守って相手を消耗させた方がいいです。

ただ蛮族軍団が都市周辺に居座ると改善は荒らされるし都市HPは削られるしで厄介なことには変わりありません。 ボロボロになって対処が終わったと思ったら文明に潰されることもあり得ます。なるべく蛮族軍団にさせないように対処しましょう。

都市を増やそう

このゲームは都市数が増えることのデメリットをメリットが大きく上回ります。 都市は多ければ多いほどいいので奪うか建てるかしましょう。

開拓者や労働者は作るごとにコストが上がっていくので自前で大量の都市を出すのは難しいです。 なので大量の都市を囲んで優位に立つには戦争が手っ取り早い手段となります。

都市を戦争で奪うと好戦値は上がるし外交関係は悪化するし都市も変な位置取りで資源もないクソ都市だったりすることが多いです。 しかし本作はどんなクソ都市でも文明に貢献できるので数を揃えれば些細な問題です。 派手に暴れまわって広い所領を確保し、空白地帯には自分で開拓者を送って埋めましょう。

序盤は一つの都市に色々作るよりも開拓者や労働者を作って文明全体を底上げした方がいいでしょう。 まあ軍事ユニットやら遺産やらとの兼ね合いもあるので一概には言えませんが。

ゲームが中盤を過ぎると新たに都市を建てても開拓者のコストを回収しにくくなり、自分で都市を作る価値はなくなってきます。 立地や進行にもよりますが、自力拡張は100~150Tぐらいまでを目安に行うといいんじゃないでしょうか。

ただしこれはクリアまでの都市出力の費用対効果を鑑みた話なので、他の目的(資源回収や戦争など)であれば終盤でも都市を出す意味はもちろんあります。

戦争先の性格・UU・立地に気を配る

相手が戦争大好きな文明の場合は豊富な軍事ユニットを備えて待ち構えています。 これに文明特性が乗ったりUUを持つ時代に戦ったりするともう最悪です。

例えばローマを相手にする場合、最序盤は何の軍事特性もないので比較的攻めやすいです。 しかしレギオンが出てくると弓兵が簡単に倒されるようになるし、都市に駐留されると都市防御が40を超えたりします。 こうなるといくらユニット数で勝っていても中々攻めあぐねることになります。

AI文明には「攻めやすい文明」と「攻める際には時と場合を考えた方が良い文明」があります。 序盤は前者を制圧して領地を広げ、そこから内政アドバンテージを取って軍事アドバンテージに繋げて後者を攻めるのが基本となります。 ただし領地の配置的に難しかったり戦争したくないのに宣戦されることも多いので、そういった時には物量と気合で何とかするか諦めるかしましょう。

また丘陵・ジャングル・森林・山岳などの地形の関係で攻めにくい都市もあります。 こういった都市を攻めるのも辛いので戦力に差のない序盤から行くのはあまりお勧めできません。 まあ攻めざるを得ない時も多いので、多少損耗しようが行くしかない状況も多いですが。

都市に建てるものは?

序盤にとりあえず都市を建ててタイル改善をしたら、次は建築物を建てましょう。

まず建てるべきものは都心の建築物であるモニュメント・穀物庫・川沿い都市であれば+水車小屋です。 とりあえず都市を建てるか奪うかしたらこの3つを作っておきましょう。

次に建てるのは商業ハブまたは港です。 市場と灯台は交易路数を増やしてくれるので、都市を建てたらいずれかを建てておいて損はありません。 交易路が増えたら隊商を作って国内交易しましょう。

その後も色々区域を建てていくのですが、このゲームは都市数があれば各勝利条件に対応した区域以外は建てなくても問題ありません。 科学勝利ならキャンパスと工業地帯、文化勝利なら劇場、宗教勝利なら聖地、制覇勝利なら娯楽施設を建てておけば何とかなります。

しかし都市数が少ないと色々な出力が不足するため勝利と関係ない区域も建てる必要が出てきます。 だからあまり都市を置けなかった場合は区域の隣接ボーナス、工場・動物園・発電所動・スタジアムなどの複数都市に影響を与える建造物、遺産などを駆使して頑張りましょう。

ただ遺産や技術ブーストなどを目当てにあまり必要ない区域を建てることはあります。その辺は随時判断しましょう。

都市と区域をもう少し掘り下げた話

このゲームは人口1ごとに科学0.7と文化0.3を貰えます。 しかし人口がいくら増えても別に建造物の性能が上がる訳ではありません。

この辺はCiv6単体でなくCiv5と比較するとよく分かります。図書館の性能はCiv5では「都市人口2人ごとに科学+1」でしたが、Civ6では「科学+2」のように固定値です。なので一つの都市の人口をひたすら上げるのに拘る必要はありません。

また多都市のデメリットも殆どありません。 Civ5では1都市増えるごとに「技術に必要なビーカー+5%、社会制度に必要な文化+10%」と強烈なデメリットがありました。 しかしCiv6ではデメリットが全くないとは言いませんが大した事はなく都市数が多いほど有利に立ち回れます。

私はよく勝利条件にあまり直結しない区域を建てていませんが、これは大抵が都市数(≒人口)で解決しているからです。 例えば人口が300人いた場合、それだけで科学210と文化90が出ます。 またここにタイル・建築物・社会制度・都市国家ボーナスなど様々な出力がプラスされます。

逆に少数都市進行となってしまった場合は色々な出力が不足します。 区域隣接ボーナスなどである程度はカバーできますが所詮は苦し紛れの行動で、都市数の差をひっくり返すことは中々できません。

なので序盤に区域なんて作ってる暇があったらさっさと軍事ユニットや開拓者を作って都市を増やした方がいいです。 本作はAIの強さは大したことないので、自己拡張よりも戦争の方がローコスト・ハイリターンです。 それに戦争で得た都市には様々な建築物・区域・遺産などがあることも多いので奪い得です。

都市を増やした後は勝利条件に関連した区域を建てましょう。 科学勝利なら科学と、文化勝利なら観光といった具合に勝利条件ごとに多くを要求されるパラメタが偏っています。 バランス良く建てるよりも特化していった方が勝利に近づけるでしょう。

軍事ユニットについて

序盤~中盤の終わりぐらいまでは弓系統のユニットが強いです。 軍事ユニットは9割弓・1割占領用のユニットぐらいの比率で良いぐらいです。 UUがいる文明はそちらを中心に据えるのも良いですが、弓兵は文明に依らず大正義です。

資源があれば剣士や騎兵も強いですね。 射線が通りにくい都市は無理に弓兵で攻めるよりも、戦闘力の高い近接ユニットでゴリ押した方がスマートに落とせることも多いです。 状況によって生産すべき兵種を見極めましょう。

ユニットをUGする際には社会制度「傭兵」を取得し、UG費用を半額にしてからUGすると安く済みます。 それなりにユニットを抱えていると半額にしてなおUG費用も膨大になります。 商業ハブを建てる・商業都市国家に代表団を送る・都市を他文明に売る・戦争の賠償金で奪い取るなど金策を意識した立ち回りをしましょう。