都市国家の能力

科学都市国家

キャンパス区域の建造物の科学力が増える。 主に科学勝利を目指す際はもちろん、他の勝利においても科学力は何かと役に立つ。 様々な状況で代表団を派遣することになるだろう。

都市国家宗主国ボーナス
ジュネーブ文明と戦争状態でなければ科学力+15%
ストックホルム建造物のある区域に応じた偉人ポイント+1
ハットゥシャ発見しているが未所有の戦略資源1つを得る
バビロン傑作書物に科学+2、遺物と秘宝に科学+1
パレンケキャンパス区域のある都市の成長率+15%

ジュネーブとストックホルムの効果はかなり強力で、科学勝利はもちろんそれ以外にも便利だ。 これらの都市国家が存在していたらラッキーだと思っておこう。

軍事都市国家

ユニット生産時に兵営区域の建造物の生産力が増える。 ただ兵営は各都市に建造するような代物ではないので、基礎ボーナス目当てに代表団を大量に送ることはあまりないだろう。 しかし最序盤に遭遇した場合は代表団が1ついるだけでユニット配備速度は目に見えて変わる。

都市国家名宗主国ボーナス
カーブルしかけた戦争で得られる経験値2倍
カルタゴ陸上戦闘ユニットの購入に必要なゴールドが都市にある兵営区域ごとに20%低下
グラナダ労働者はアルカサル宮殿を建設できる
バレッタ都心と兵営区域の建造物を信仰力で購入可能。太古~ルネ時代の防壁の購入費が軽減されるが信仰力でしか購入できない
プレスラフ兵営区域の建造物ごとに忠誠心+2/T

わかりやすく便利なのはカーブルぐらいで扱いが難しい能力が多い。 少ない代表団で宗主国になれる場合でなければ積極的な派遣はしないのが吉。

交易都市国家

商業ハブの建造物のゴールドが増える。 商業ハブと市場は各都市に作ることが多いのでボーナスも強力になることが多い。ただ銀行まで建てることはあまりなく基礎ボーナス的には代表団3つで十分。

都市国家名宗主国ボーナス
アンティキオア異国への交易路によって目的地の高級資源1つにつきゴールド+1
ザンジバルシナモンとグローブ(それぞれ快適性+6)を得る。
バンダルブルネイ他国に建設した交易施設から自文明の都市を通過or目的地とする交易路にゴールド+1
マスカット商業ハブ区域のある都市の快適性+1
リスボン交易商ユニットは水域タイルで略奪を受けない

ザンジバルとマスカットの快適性補正は戦争や多都市プレイにおいてかなり役に立つ。 宗主国ボーナス狙いで代表団を派遣するのも良いだろう。

産業都市国家

工業地帯の建造物の生産力が増える。 科学勝利時などで工業地帯を沢山作る場合は積極的に派遣していきたい。

都市国家名宗主国ボーナス
オークランド浅瀬タイルの生産力+1、産業時代以降更に更に+1
トロント工業地帯と総合娯楽施設の効果範囲が3タイル拡大
ブエノス・アイレスボーナス資源ごとに快適性+1
ブリュッセル遺産に対する都市の生産力+15%
香港プロジェクトに対する都市の生産力+20%

クセが少なく使いやすいボーナスが揃っている。 他種の都市国家と比べて宗主国ボーナスが強く特定の勝利条件に対して有利になる効果もあるので、ゲームに登場する産業都市国家の能力は意識しておきたい。

宗教都市国家

聖地の建造物の信仰力が増える。 宗教勝利を目指す場合は派遣し、そうでなければ派遣しないのが基本だろう。

都市国家名宗主国ボーナス
アーマー労働者は修道院を建設できる
エルサレム聖地が存在する都市の宗教圧力が4倍
エレバン使徒がレベルアップした際、得られる能力が選択できる
キャンディ新しい自然遺産を発見する度に遺物を獲得。全ての遺物の信仰力+50%
ラ・ヴェンダ労働者は巨石人頭像を建設できる

宗教を補佐する能力が多いので、宗教勝利を目指す場合は積極的に代表団を送って宗主国になっておきたい。 自文明が守れる位置に宗教都市国家があるかは宗教勝利の達成難易度に関わってくるので序盤に出会えるかは割と重要だ。

文化都市国家

率直に言って文化力にそれほど魅力はない。 最序盤ならまだしも、中盤以降に基礎ボーナス目当てに代表団を送ることはそうないだろう。

都市国家名宗主国ボーナス
アンタナナリボ文明が獲得した偉人1人につき文化力+2%
ヴィルニュス同盟レベルが最高になると劇場広場の隣接ボーナス+50%
クマシ都市国家への交易路から起点都市の区域に文化力+1ゴールド+1
ナン・マドール沿岸タイル上区域と沿岸タイル隣接区域に文化力+2
モヘンジョ・ダロ都市の住宅が川に隣接している場合と同等の恩恵を受ける

宗主国ボーナスは文化勝利以外の時にはあまり必要がないものが多い。 文化勝利専用都市国家って感じだろうか。