世界遺産の基本ルール

世界遺産とは

世界遺産とは浪漫溢れる建造物です。 強力な効果を秘め、世界遺産の有無がゲームの局面に直接的に影響を与えるほどの効果を秘めています。

しかし通常の建造物と比べて数倍のコストがかかる上にゴールドで購入することもできません。 そしてひとつの世界遺産は世界にひとつしか建てられないという特性を持っています。

世界遺産が世界に未建設の場合はどの文明も作成できます。 しかしどこかの文明が世界遺産を完成させると全ての同じ世界遺産の建設は中止され、投入したハンマーは残念賞と言わんばかりのはした金に変わります。 また世界遺産のある都市を焼却した場合、その世界遺産はゲーム中に二度と登場することはありません。

ちなみに完成が同ターンだった場合、先にターンが回ってきた文明にて世界遺産が完成します。 シングルゲームだった場合はプレイヤー→AIの順でターンが回るので、スパイなどでAIの建設状況を見て「残り1T」となっていた場合はAIが同ターンに完成させることになり間に合いません。

世界遺産は強力だが遺産厨になると死ぬ

世界遺産はそれぞれが強力な効果を秘めており、持っていると強力に文明の力を底上げします。 しかしだからと言って世界遺産ばかり建てようとするのは効率が悪いです。

世界遺産は建設コストはとても重く、普通の建造物3つ分ぐらいあります。 こんなものをいくつも建てていては普通の建造物の配備が遅れるし、建て負ければ尚更損失は大きくなります。 都市が弱い期間が長いと結果的にクリアが遠くなりますし、軍備を疎かにしていると他文明に横っ面を殴りつけられて酷いことになるかもしれません。

イメージとしては普通の建造物が文明の素点を上げるのに対し、世界遺産は文明の点数を乗算する感じです。素点が低いままではいくら乗算しても大したことはありませんよね。 それに遺産ごとに向いている勝利条件やプレイングも違うので、何でも建てていたら文明が方向性を見失います。

それに遺産は他文明が建てたものを奪うこともできます。 あまり自力建造にこだわり過ぎず、また建てる時は目的意識を持って必要な遺産だけ建てていくことが肝要です。

ちなみに遺産が大好き過ぎてゲームの目的そっちのけで遺産を建てようとするプレイヤーは「遺産厨」と揶揄されます。 まあそれはそれで一つの楽しみかたですしこの称号を名誉あるものと受け取るプレイヤーもいますが、普通の人は遺産厨にならないように気を付けましょう。

世界遺産の向き・不向きを見極めよう

世界遺産はそれぞれに向き・不向きがあります。 アポロ神殿のような万能な遺産もありますがそう多くはありません。

強力な遺産としておなじみの「南京の陶塔」は研究協定の効果を50%向上させる効果があります。 ただでさえ強力な研究協定を更に強化しますが、当然ながら研究協定を結ばないプレイでは効果が発揮されません。 例えば拡大・戦争ばかりする戦争狂プレイでは他文明と友好関係を結ぶのが難しく、研究協定はあまり結べなくなります。 こうなると南京の陶塔も大した効果はありませんよね。(もっとも大科学者が出るだけで十分な価値はあるのですが)

世界遺産は目指す勝利条件やプレイ方針などでその価値が大きく上下します。 その時々に最適な世界遺産を選択して建造しましょう。

\share/