イザベラの敬虔で宗教するプレイ

1 2 3 4

今回は社会制度「敬虔」を使ってプレイしよう。

敬虔は特に高難易度においては糞制度の名が高いですね。 宗教を補佐する制度が多数ありますが、高難易度ではAI補正がきつく宗教が腐るのが原因ですかね。

創造主で宗教系のAIなんて30Tそこそこで創始してくるからな。 よしんば創始できたとしても優秀な宗教制度は根こそぎ取られている事もザラだ。 宗教系文明で本気で信仰を出したのに創始できなかったなんて事も多い。

何ゆえその敬虔を使うんですかね?

特定の状況においては非常に強力だからだ。 敬虔の根本的な問題は何だと思う?

大した信仰が出ないので優秀な宗教の創始が難しい事ですかね。 無償の大預言者もコンプボーナスと遠いです。

つまり速攻で創始できる&信仰も沢山出れば問題ないのだよ! それができるのが我がスペインである!

まさか「信仰系の自然遺産を速攻で囲い込めるまでリロ」的な…

本プレイでは宗教活用が趣旨のためリロるが、通常プレイではあくまで選択肢の一つだと考えておけばいい。 序盤から囲える状況なら敬虔に進む、無理そうなら伝統にでも流れていけば良い。 スペインは最初に斥候を連続して作るので、最初の社会制度を開けるまで猶予がある。

具体的にはどんな状況狙いですかね?

自然との合一を含めて、20以上を目安にする。 シナイ山・カイラス山なら単体で良い。 富士山・スリーパーダの場合は、他の自然遺産も囲う必要がある。   それに早く創始する必要があるので、開拓者生産を待つのはキツイ。 初発見ボーナスで開拓者を購入できなければならない。

大分条件が厳しいですが、これができなきゃ普通にやれって事ですね。

そういう事だ。 これぐらい恵まれていなければ敬虔を取る意味がないのだ。 それではスペインで敬虔プレイを始める。

まずは自然遺産リロからですね…

1 2 3 4

\share/