技術開発の基本的な順序

本作ではウェブツリーが採用され、最も遠い技術ですら前提技術は4つしかない。 旧作で右端の技術を開発するには4~50個は前提技術があった事を考えると驚異的な少なさだ。

戦略が分かっていれば臨機応変に取りやすい反面、ゲームに慣れていないと何を取っていいんだか全く分からない。 そこで基本的な動きをする際の開発順序をここに書いておく。

まず先駆者

コロニストを作れる先駆者は最優先で開発しよう。 特に最初の前哨地は作ると兵士または哨戒艇が貰えるので、早めに作って損はない。 エクスプローラー×3→コロニストでいいぐらいだ。

エクスプローラーを沢山出す場合は1都市ではユニット数制限に引っかかり生産力が落ちるので、その場合特に2都市目は急ぎたい。 そうでなくとも早めに出しておくに越した事はない。

居住区から派生している枝技術を取る

技術研究コストが安い上に優秀なものが多い。一通り先に取った方が間違いがないだろう。 ただし戦略や状況によってはアフィ二ティー経験値が貰える葉技術やコンピューティングを優先する事もある。

化学

ハンマーアップのリサイクラーが解禁される。石油の表示・改善もそれなりに嬉しい。 研究所も優秀だが、これは最序盤に建てるものではないか。

工学

チタンが見えるようになる。 チタンはタイル出力が+5と凄まじく優秀なので、都市に取り込めればかなり助かる。 首都圏内にあれば一気に生産が加速する。早めに表示させておきたい。

遺伝子学

細胞ナーサリーはクエストでが増える優秀な建造物。 これも早めに建てておきたい。

物理学

陸上戦力が必要な場合はレンジャーは貴重な攻城戦力となる。 アフィニティーLv2未満で制作すればコストが安いので、序盤から欲しい場合は優先度高し。

生態学

超音波フェンスのクエストで交易ユニットをエイリアンから守れるようになる。交易ユニットが襲われそうな立地なら早めに立てよう。
またワーカーが瘴気を排除できるようになるが、瘴気排除には時間がかかる。よほど瘴気まみれでない限りはタイル改善を優先したい。

中盤に取る技術

コンピューティング

諜報員を貰える「諜報局」が解禁される。諜報員を活用する気なら早めに研究したい。 諜報員特性のあるARCやチュンスなら優先的に目指す技術。

弾道学orエイリアン生物形態or電力システム

アフィニティー経験値は枝技術が7XPに対して葉技術は20XP。そして3技術は葉技術の中で研究コストが最も安い。 アフィニティーレベルが低すぎて不安な場合やラッシュをかけたい場合、このいずれかを取れば枝の経験値と合わせて最低2まで上がる。

レベルが2あれば兵士・レンジャー・哨戒艇・戦闘艇が1段階強化となるので、アフィニティーレベルが低すぎる場合は急ぎたい。

ゲーム開始後に直接この技術を目指し、ティアⅠユニットでラッシュをかけて基礎技術を強奪する手もある。

遺伝子設計

遺伝子菜園が優秀。建造には純潔Lv2必要なので、レベルが足りなければ弾道学でも研究しよう。

ゼノマス資源に恵まれていればエイリアン科学

ゼノナーサリーが優秀だが建設にはゼノマス資源改善と調和Lv2が必要。 ゼノマス資源を取り込んだ都市が多ければ優先度高し。

フィラクサイト資源に恵まれていればロボット工学→認知

認知にはフィラクサイト資源活用が条件の優秀な建造物が2つある。 フィラクサイト資源が沢山あれば至高を伸ばしてロボット工学で改善して認知を取ろう。

その他アフィニティー経験値を貰える技術全般

アフィニティー勝利を目指す場合、勝利条件上の技術を真っ直ぐ研究してもレベル不足になる。 メインアフィニティーを意識して少ないコストで経験値が貰える技術を中心に開発しよう。

なお技術開発で貰えるアフィニティー経験値は、枝技術は7XPで葉技術は20XP。軽い葉技術を狙おう。

制圧勝利の場合はラッシュユニットの強化を意識して技術開発しよう。 最終形態は単一を伸ばすより複数伸ばした方が簡単だ。 まずは兵士・レンジャー・哨戒艇・戦闘艇の最終形態となるアフィニティー2つのLv7を目指そう。

バイオニクス

研究機関はクエストで無償の技術が貰える。これを一番重い技術に使えば技術研究が大分助かる。 最終技術の解禁と研究機関の完成タイミングを合わせると○。でもきっちり合わせても中々クエストが発効されないことも・・・

勝利条件となる技術

制圧勝利

ある程度まではユニットをUGするためにアフィニティーレベルが早く上がるよう技術開発を行う。 以降は強力なユニットが解禁されるる技術を取っていけばいい。

戦争によって技術を強奪する事もできるので、勝ち続けている間は自分で研究する必要は殆どない。

未知との接触

軌道オートメーションと超越数学のいずれかまたは両方。
この勝利条件にはアフィニティーレベルが必要ないので、前述の「中盤に取る技術」を研究する必要は一切ない。

軍事ユニットの強化は必須技術の研究後に考えればいいだろう。

約束の地

軌道ネットワーク→ナノテクノロジー(→民間サポート)

地球人入植者は移動力がないので、あらかじめ道路やマグレールを予定地まで引いておくとスムーズに入植できる。 マグレールまで引きたい場合は民間サポートを取ろう。

解放

軌道ネットワーク→ハイパーコンピューティング(→神経アップロード)

勝利条件の達成には強力なユニットを送った方が早いので、解放ゲートを作っている間に神経アップロードを開発してANGELを解禁しておこう。

超越

遺伝子組み換え・群知能(・エイリアン倫理)→ナノロボット工学

マインドフラワー建設から勝利ターンまでのカウントはゼノ庇護区とマインドフラワーの建設数により縮める事ができる。 2つの建造物はエイリアン倫理で解禁されるが、建造に結構時間がかかるのでナノロボット工学よりも先に取った方が良いだろう。

残りの技術は何なんだ・・・

なんなんだろうね?

真っ直ぐ勝利に向かった場合、全体の3割~4割程度の技術を開発すれば十分勝利できる。 残りの技術の存在価値が問われる。

遺跡から全くアフィニティーアップを引けなかった場合にアフィニティー勝利を目指す場合は結構取るかもしれないが、それなら未知との遭遇か制圧を選べばいいだけなんだよなあ・・・