Civilization: Beyond Earth Rising Tide紹介レポ(中編)

~前回のあらすじ~
ひたすら探索。まだ25ターンぐらいしか進んでない。

気分的にはもう半分は書いた感じなのに、まったく進んでねえ・・・

コロニストを作って都市を建設する。 前哨地は都市としての機能はなく、襲われると脆い。 一定期間後に都市となる。

都市になるまで時間がかかるので、気持ち早めに出すのがいいでしょう。

前哨地のうちは不衛生が発生せず、また都市ごとの文化・研究コスト増加もありません。 調子に乗って出しすぎると都市化した時に酷い事になるので注意しましょう。

なんだこの巨大キノコは!!!

斥候も接近できないようですが、エイリアンの巨大コロニーのようです。 他にもあるかもしれません。余裕があれば探してもいいですね。

今は余裕がないので、調査に人員は避けません。 機会があれば探索しましょう。

初プレイ時には中から女王エイリアンでも出てくるのかと思い戦々恐々したが、別にそんなことはなかった。 マップ中の秘境を探すクエストが始まるだけだ。 完遂するとエイリアン捕獲技能が貰える。い、いらねえ・・・

とりあえず四都市出して一次拡張完了しました。 前哨地は不衛生がかからないので見た目健康ですが、この辺が限界でしょう。

それでは内政にいそしむ事にしましょう。 繁栄ツリーを掘り進めれば衛星に余裕も出るでしょうから、拡大はそれ以降ですね。

お邪魔エイリアンのシージワーム現る。

メーデーメーデー!前哨地近くに化け物エイリアン出現!

戦闘力62!?スカウターの故障か!?

幸い移動力1で、しかも進行方向はランダムだ。 都市砲撃で頑張ろう。

さて、基礎研究が完了しました。 先ほどエクスプローラーが遺跡からシグナルの破片を見つけていました。 シグナルの情報がもう一つあれば解読できそうです。

ふむ・・・それなら超越方程式の研究を許可しましょう。 解読してみなさい。

いつの間にか遺跡からシグナルの破片を発掘していたので「未知との遭遇」勝利を目指す事にする。 前提条件であるシグナルの解読をするための手段3種のうち2つを満たす必要があり、遺跡からシグナルの破片が見つかっていると楽に満たせる。
なんと超越数学の研究で必要分は終わりになる。

刻一刻と拗れる外交関係。 難易度が高いと序盤の国力差はどうにもならず、煽られて続けて外交関係が悪化する。

こいつは我が文明が平和主義で軍事力が少ない事にご立腹のようですね。

プレイスタイルによっては仲良くできない文明がどうしても出てきます。 特に高難易度で序盤から近隣文明と穏便に過ごすのは難しいです。

戦争になっても多分問題ないでしょうし、言わせておきましょう。

諜報局が完成してスパイが三人派遣される。
スパイを都市に派遣すると陰謀レベルが高まり、レベルごとに様々なスパイ行為ができる。 エネルギーのかすめ取りから都市を寝返らせるクーデターまで、強力で多彩なスパイ行為ができる。

超越数学を研究して超越方程式を建造します。

450もかけてどんな方程式を作るんでしょうね。

60T前に遭遇したシージワームをようやく撃破。

シージワーム討伐はクエストだったため報酬が貰えますが・・・
び、微妙・・・

外交資本を使って文明の能力を強化したり設定したりする。 左上は文明固有のものだが、残り三枠は共通の4つの制度から選択できる。

もっと文化シナジーを発揮させる制度を選びなさい。

健康苦しいし軍事ユニット作るハンマー足りないしで大変なんですよ・・・
特にうちは陸海軍両方配備しなきゃならいんで。

フタマとスラブ連邦から立て続けに宣戦される。

そのうち来るとは思ってましたが、まとめて来ますか・・・

フタマは左上方向、スラブ連邦は右上方向ですね。 フィデーリに陸軍を、グランエクシートに海軍を集めて前線を作りましょう。

超越方程式を開発し、シグナルを手に入れた。 解読のためにまたクソたっかいハンマーを捻り出そう。

軍事ユニット作成で忙しいのに・・・

対フタマ戦線の戦力はほぼ互角で、防御側のこちらが有利です。 AIのユニット運用がへっぽこなのもありますし、防衛は余裕でしょう。

対スラブ連邦戦線は少し相手が優勢ですかね。 グランエクシートは柔らかいので、都市を盾に戦うのはあまり好ましくありません。 戦線を維持しつつ各個撃破しましょう。

防衛施設がないと都市が柔らかく、油断すると一瞬で占領されたりする。 相手が都市に直接攻撃できないようZOCを張ろう。

結局どちらも小競り合いで終戦しましたね。 戦力はほぼ互角でしたが、運用の差でこちらが優勢だったみたいです。

もう戦争するメリットは殆どないので、停戦してしまいましょう。

本作では戦争でユニットを倒したり都市を落としたりするとスコアが加算される。 終戦の際にはスコア差分で戦利品のやり取りがされるのだ。

168点ではろくな物が貰えないので、エネルギーでも貰っておく。 フタマも大体同じ。

ビーコンが完成しました。 今度はこれを起動するための設備を建設しなければならないのですが・・・ 48Tもかかるのか。

スラブ連邦がまた煽ってきてますが・・・
まあ放っておきましょう。

それでは後編に続きます。