Civilization: Beyond Earth Rising Tide紹介レポ(まえがき)

20XX年、シド星は核の炎に包まれた。 しかし人類は死滅した訳ではなかった。

はい、そういう訳でCivBE始めました。
拡張パック「Rising Tide」入り、MODと詳細設定変更は基本なしでやっていきます。
記念すべき初レポはエロディさんでプレイします。 どことなくナポレオンの面影がある気がしますね。

フランコイベリアのエロディです。 我がフランコイベリアはスペインとフランスを基軸としたとした欧州・北アフリカの大連合です。 「心こそ宝」、文明の最良である伝統にのっとって行動します。

文化をよく出す文明で、特性が「社会制度を10個取得毎に無償の社会制度」とらしい能力です。 ポーランドの超劣化じゃねーか
AIで出てきた場合、文化を疎かにするとガンガン煽ってきますね。

我々は西洋文明の守護者です。 文化を尊重し文化人として振る舞うのは当然のことですわ。

しかし当レポではそんな傾向は知ったこっちゃなく、思うがままにプレイしています。 プレイ4回目のものでルールの把握すら怪しいですし、バックストーリーも今Civilopedia見て初めて知りましたしね。

ええ・・・
そんな素人プレイを載せる気なのですか。

Civ5と同じエンジンで開発したそうで、ゲームシステムもかなり似通っています。 5プレイ経験があれば大体直観的にできるので、まあ何とか動いてると思います。

それでは今回のコンセプトは何なのでしょう?

BE紹介レポ的な感じで書きます。 定石とかまったく知らない状態でやってるので、上手いプレイは期待しないで下さい。

万里の都市も一歩からですね。

それではとりあえず始めます。