赤髭王フリードリヒの200T科学勝利への道(あとがき)

1330年(194T)科学勝利、評価はアキテーヌ女公アリエノールでした。 洗濯洗剤みたいな名前ですが誰なんでしょうか?

碌な晩年ではなかったことをひしひしと感じさせるようなことが書いてあるな。 火星で何か良からぬことがあるのではないか。

その辺はCivlization teraformarsが発売されたら語られるかもしれません。 何かゴキブリと戦うことになりそうなタイトルですね。

あの漫画の国家間のギスギス具合はCivに通じるものがある気がするな。

話を戻しまして、200T切り科学勝利はいかがだったでしょうか?

正直疲れた・・・
特に終盤のプロジェクト連打は精神衛生上よろしくない。 5みたいに一度選んだらプロジェクトやりっぱなしになってくれんかな。

本作は細かい仕様の不親切さが目立つ気がしますね。 少数都市ならあまり感じないかもしれませんが、多都市戦略が有利なので多都市にすることが多く、それで不親切さをより強く感じる気がします。

多都市有利で多都市苦痛は辛いな。

とりあえず目標の200Tは切れたので良しとしましょう。 100T以降の行動をもっと頑張れば190Tぐらいまでは縮んだかもしれませんがね。

それにつけてもドイツの強さよ。 これは最高評価が付いてもいいのではないだろうか?

基本的に制覇ゲーなんで、序盤の安定と制覇勝利に有利な特性がなければこれ以上評価はあげません。 科学勝利では最高の強さかもしれませんが、科学勝利に拘る理由はないですからね。

ちっ・・・

そんな訳で200T科学勝利でした。 他にもトラヤヌス・スキタイで切れることは確認していますし、もしかしたら他文明の方が早いなんてこともあるかもしれません。 色々試してみてください。

ということは次はOCC・・・

OCCも中国で宗教勝利達成したので、気が向けばレポにするかもしれません。 でも拡張出るまで冬眠するかもしれませんが・・・

せめてもう少し楽にプレイできるように変われば・・・

そんな訳で今回はこの辺で。 ここまでのお付き合い、ありがとうございました。

Civ6攻略記 HOME