赤髭王フリードリヒの200T科学勝利への道(後編)

前回はアメリカ・エジプト・日本と3文明を滅亡させて所領を確保、それに自分で出した都市を合わせて現在25都市ぐらいです。 この後その辺を歩いている開拓者で更に+2都市され、以後内政タイムに入ります。

このままアラビアぐらい張り倒せそうだが、行かないのか?

頑張れば何とかなると思いますけど、時期的に厳しい可能性が高いし、それに都市増えると操作面倒ですから。
終盤になると2Tに1回ぐらい作るもの指定しなきゃならんので、ゲーム的に有利になる可能性が高い気はしますがあえて侵攻しません。

曲がりなりにも攻略サイト運営者の発言とは思えん発言だな。

やれば分かると思いますけど本当に面倒なんですよ・・・
50都市あれば2~3Tの間に都市の生産物を100回指定しなきゃならいって言えば伝わるでしょうか。 だから後はサクサク内政だけしています。
早く傀儡か自動生産を実装してくれ~

多都市プレイのデメリット「操作が面倒でストレスで禿げる」という訳だな。

商業ハブがあるので大商人も出てきます。 商業ハブおよび施設は優先順位が低いこともあって中盤~終盤の差し掛かりぐらいは収支が酷いマイナスになります。 大商人はそれをカバーしてくれたりもしますね。

特に本プレイでは交易路のゴールドが増える効果のものが強い。 他の大商人も地味だが役に立っているな。

遺産も結構ボンボン建っています。 ルール工業地帯は狙っていましたが、他3つはハンマー余ってたんで適当に建てました。 まあ役に立たないことはないでしょう。

何となく科学勝利に関係ありそうな遺産を適当に建てた訳だな。

見返して気づきましたが、これだけ都市数があれば空中庭園は強力かもしれないですね。 もう産業時代ですが誰も建てなかったんですね。

遺産厨の日本・エジプトの2文明はどちらも土に還ったからな。 遺産厨は攻めやすい・遺産持ってる可能性高い・以後の遺産が取られにくくなると良いことだらけだ。 逆にこいつらを残すと碌なことにならないので、優先的に潰したいな。

はい、140Tで発電所の解禁される「電気」まで来ました。
ここまでは生産系建造物最優先で、キャンパスすら未建設の都市が沢山あります。 まずは各都市に発電所まできっちり建て、その後に各種建造物を配備していきましょう。

以前のレポでは「宇宙船建てる周りの都市にだけ建てればいい」と言っていたはずだが、全都市に建てるのか?

生産だけ考えれば宇宙船周りだけでいいですが、今回は「200Tで」「原子力時代の大技術者2人と情報化時代の大科学者2人」を出さなきゃなりません。つまり大量の偉人ポイントと後援用のゴールドが必要になので、全都市に建てておくべきでしょう。

本プレイでは豪運(という名の試行回数)により生産都市国家が香港・ブエノスアイレス・トロントの3つもありました。 大商人の力もあって145Tに派遣団の派遣完了、工業地帯から沢山ハンマーが出ます。

他の都市国家には送らないのか?

状況によりけりですね。ただどちらにしろ2都市国家分は生産都市国家に6人派遣すべきでしょう。 その後文明に足りない要素を見極めて送り先を考える感じすが、基本的に生産都市国家に全振りになるのではないでしょうか。 ギアがあれば何でもできますからね。

164T、ロケット工学の研究が完了しました。 それでは首都とその右上のベルリンを宇宙船プロジェクト都市とし、残りは適当に建造しています。

残り32技術ですね。後は適当に開発します。

200Tまであと36Tだが、32技術の開発が間に合うのか?

古代や古典の軽い技術も無茶苦茶残ってるし、科学力ブースト関連の大科学者もまだまだ出ます。 まあ問題ないでしょう。

宇宙船関連はとても重いですが、偉人の力を借りつつ頑張って建てましょう。 必須のものは大科学者・大技術者2人ずつの4人です。何かの間違いで採用できなかったなんてことがないように気を付けましょう。

ちなみに内政モードと言っても完全に平穏な訳ではありません。 降りかかる火の粉は払います。

もう情報時代なのにまだ弓兵なのか・・・

「宣戦されたら弩兵にUGすりゃいいや」と思ってたんですが、「機械」未研究なことに今更気づいて急いで研究しています。 悪くすれば酷いことになる所ですが幸い相手ユニットも大したことなく、弓で何とかなり終戦までいきました。

宇宙船区域が建ったらプロジェクトを順にこなします。 ここまで来たら偉人排出に問題なければ後20Tってところでしょうかね。

もし問題があったら・・・?

200T切りはかなり厳しくなりますね。つまりここまでの努力がパーです。 だから他の都市ではキャンパス・工業地帯のプロジェクトをひたすら連打しましょう。

社会制度はもちろん民主主義。 偉人後援に必要なゴールド-50%が科学勝利の強い味方だ。 2万ゴールドが1万ゴールドぐらいで済むようになる。

大技術者はセルゲイ・コロリョフまで出せば残りは不要。 あとはキャンパスのプロジェクトをひたすら連打して大科学者をひたすら出そう。
ちなみにここまで大技術者を出した文明はドイツのみだ。

各都市にあった交易路も宇宙船建造都市に集中させる。 各都市に区域が3つ以上あるので出力もなかなか高い。この辺もフリードリヒ多都市プレイの強味だ。

十分なゴールドはありますが、ビッグベンが余っていたので建ててみました。 ビッグベンはゴールド2倍という素敵な効果があるため、所持金を1万ゴールド近く増やすことができました。

何に使えばいいのやら・・・

本プレイでは無駄ゴールドですが、ゴールドや偉人ポイントに不安がある場合には強い味方です。 途中うまくいかなくても、ゴールド貯めてビッグベン建てれば挽回できる可能性があると覚えておきましょう。

月面着陸船を打ち上げて、後は3種の部品を完成させればクリアです。 アーヘンとベルリンで頑張って作りましょう。

宇宙船プロジェクトに1500ギア入れてくれる大技術者はアーヘンに使ったぞ。 おかげで一瞬で完成したな。

194T、全ての技術開発が完了しました。 後は火星入植用原子炉モジュールを打ち上げれば完了です。

それでは最後の生産ブーストを行うとしよう。
やれ、カールセーガン!

ところでこのムービー、プロジェクト2個と部品3個のタイミングで計5回流れるんですが必要ですかね? 最後の1回だけで良いと思うんですが。

科学勝利する度に5回流れることを考えると凄い回数流れていることになるな。 しかし内容が変わるならともかく、同じものを何回も流す必要は流石にないだろうなあ。

はい、火星に到着と。火星って1年もかからずに行けるらしいですよ。 アルファケンタウリが4光年離れてることを考えると科学勝利も近くなったもんですねぇ。

次のCiv番外編は火星大戦争になるのだろうか? 地球からの干渉もありそうな距離だな。

そんな訳で1330年(194T)、我々は火星に到達して末永く繁栄しましたとさ。めでたしめでたし。 コロンブスがアメリカ航路確立させたのより早いですね。

室町幕府の成立前に火星に到達したことを考えるとヤバいな。

以上フリードリヒの科学勝利200Tクリアへの道でした。 それでは反省会に入ります。

Civ6攻略記 HOME