赤髭王フリードリヒの200T科学勝利への道(まえがき)

1.0.0.56のパッチにより、UZ(ハンザ)が区域制限の対象となり、また工場と発電所の影響が重複しなくなりました。
この仕様変更により本レポのやり方での200Tクリアはできない可能性があります。
「1.0.0.38ではこんなことできた」ぐらいで読んでいただければ幸いです。

Civシリーズではある意味お馴染み「なるべく早いターンで科学勝利」の時間がやってまいりました。 今回は巷でちょっとだけ話題になった200Tを目標とします。
設定は難易度神、スピードとサイズは標準、マップはパンゲア。そして指導者は科学勝利の申し子ドイツの赤髭王フリードリヒさんです。

神聖ローマ帝国はドイツなのか?でお馴染みのフリードリヒ1世だ。 本作では科学勝利の申し子であるぞ。

科学勝利に際しては最低でも工業地帯とキャンパスを建てなくてはならず、早クリアでは更に+商業ハブが必要です。 となれば区域王フリードリヒさんの出番でしょうね。

ドイツはUZ「ハンザ」がコストが安い上に強力だ。 また「帝国自由都市」のおかげで都市人口が低い段階から色々な区域を予約することができる。 これにより都市が完成する速さは随一を誇るぞ。

200Tクリアは他の強指導者でも可能ですし、バニラ指導者でも根気があればできないことはないと思います。 しかしドイツの科学勝利は頭一つ抜けてる印象ですね。

ドイツは見た目科学勝利に有利な要素は全くないが、科学勝利向き文明なのだよ。 それもダントツでだ。

以下、大雑把なチャートになります。

100Tで25都市は普通にできることなのか? 生産都市国家もどこかに占領されたり最初からなかったりで、代表団を送れないこともあると思うが・・・

本プレイは運頼みな所もあるので、無理な時は無理です。

つまり運ゲーか。

Civで最も重要なのは運ですからね。 運が悪ければ諦めましょう。

身も蓋もない・・・

それでは運が良ければ何とかなる科学勝利200T切りへの道を始めます。 よろしくどうぞ。