Civ6勝利条件別攻略-序盤・共通編

都市を建設する場所

ゲームを始めるとシド星に開拓者と戦士が投げ出されます。 開拓者は都市を建設することができ、そこからあなたの文明が始まります。

開拓者は良い立地の場所に置かれるのでそのまま建設してもいいです。 しかしもっといい立地が周囲にあるかもしれないので、少し周囲を見渡してみましょう。 以下のことを意識し、より良い立地に1~2Tで行けるのであれば移動を考えましょう。

まず水です。都市建設時に「住宅」が貰えるのですが、この数には水が関係しています。 淡水横なら5つ貰えますが、海水横のみだと3つしか貰えず、そのどちらもなければ2つです。 都市の人口は住宅の数以上には伸びにくいので、なるべくなら淡水沿い、最低でも海沿いに建てましょう。 (用水路を建設すれば水を引いてくることができますが面倒なので・・・)

次に周囲のタイルです。 都市は周囲3タイルまで文化圏を伸ばすことができるので、その中に強力なタイルが多いと強いです。 資源タイルは出力が高いものが多いですし、草原・平原の丘陵かつ森タイルは食料とギアの合計が4と資源がなくても強力です。
高級資源は出力が優秀なものも多い上、他文明に売却することもできます。 もちろん第2都市以降で取ってもいいのですが、どちらにせよなるべく多く確保できている方がいいですね。

最後に直下タイルです。 直下が丘陵の場合、都市の防御力が少し上がります。序盤からAIや蛮族のラッシュが来るゲームなので、少しの違いが紙一重の差になることもあります。 また平原丘陵の場合は直下タイルのギアが+1になりお得です。つまり平原丘陵の上に建てるのがおいしいです。

出力の高い資源を下にするのも割と手です。 資源改善技術の取得後であれば都市直下の資源が手に入るので、狙っていってもいいでしょう。

序盤の探索

開拓者が都市を建てたらとりあえず戦士が探索を担当する訳ですが、あまり遠くにいくのは不味いかもしれません。 遠くまで探索する方が後々の都合はいいのですが、誰も防衛に付いていない都市をAIや蛮族に襲われた場合、滅亡待ったなしです。

安定を気にするなら都市の周りをグルグル回るように探索し、もし不穏な空気になればすぐ戻れる距離を保ちたいですね。 遠くの探索は斥候に任せるか、防衛戦力ができた後にしましょう。

海方向には見るべきものはほとんどないので、なるべく陸地から埋めていく方が良いです。 都市国家、他文明、先住民の集落などを探しましょう。

都市国家と初めて遭遇した文明はその場で派遣団を1つ貰えます。 序盤の出力アップは結構大きいので、何かと助けとなることが多いです。

立ち上がり

ゲームが始まってからしばらくの間、あなたは全ての文明の中でも最も脆弱な存在です。 AIは基本的にアホとは言え物量はそれなりに脅威であり、舐めていると死にます。

安定させるには、最低限身を守る戦力を用意しなければなりません。 地形にもよりますが戦士1・弓2~3が目安です。もちろん多いに越したことはありません。

安定を取るのであれば初手から2体ほど投石兵を作って弓術を目指すべきだと思います。 少し崩すにしても、なるべく早く作るべきです。

私の場合は安定を少々犠牲にしますが、モニュメントと労働者を先に作って先のリターンを増やす形にしています。 弓術の研究は2~3番目で、また職人技の「スパルタ訓練」を最優先で目指して弓の量産体制に入ります。

社会制度

序盤の社会制度は基本的にギアアップするものをセットして生産を加速させるものがいいです。 ただ信仰を貰える「神王」はパンテオンを取得するまで付けておいた方が何かとお得です。 資源や都市国家などから信仰が得られない場合、パンテオンを取得する唯一の手段となります。

パンテオンが取れたら信仰・ゴールド+1なんて大した効果ではないので、さっさと付け替えましょう。 開拓者・労働者の生産効率アップと全都市のギア+1の中から効果がありそうなのを選びましょう。

また攻めるにしろ守るにしろ、最低限の軍備は必要です。 ユニットの訓練コストを下げてくれる制度を取ると短い時間で多くのユニットを訓練できるのでお勧めです。 最優先で職人技を研究してスパルタ訓練をセットし、弓を大量配備するのがこのゲームの基本となっています。

政治哲学を取って政府を選択した後は、何勝利にしろ「封建制度(労働者の回数アップ)」「傭兵(UG費用半額)」は目指しておいて損はないように思います。 常に最優先という訳ではありませんが、状況に依らず役に立ちます。

パンテオンと宗教

パンテオンは信仰を規定値貯めれば選べるようになります。 序盤であれば首長制の「神王」や宗教都市国家への派遣団などを使います。 パンテオンの効果は宗教に塗りつぶされるまでの間ですが、そんなにコストはかからないしリターンもそれなりなので狙って損はありません。

宗教についてはあまり必要性は感じません。 創始するには大預言者が必要ですが、それには序盤からストーンヘンジや聖地などにギアを割かなければなりません。 弓作るのに忙しいからそんなものを作ってる暇はないです。(この辺はスタイルにもよると思いますが・・・)

宗教や信仰は何勝利をするにも助けとなりますし、特に宗教勝利の達成や妨害には必須と言えます。 しかし宗教勝利を目指さない場合、わざわざ聖地を作る価値はあまりないように思います。 基本的にパンテオンだけ考えていればいいでしょう。

ただしサラディンやギリシャの2人など、楽に創始できる指導者特性を持つ者であればこの限りではありません。

蛮族対策

蛮族の斥候に都市が見つかった場合、斥候を野営地まで逃がすと蛮族軍団がポップして襲来してきます。 なるべく斥候の段階で処理しておきたいですが中々難しいです。 蛮族軍団を発生させないと考えるより、発生しても対処可能なように立ち回りましょう。

他文明や都市国家が周辺にいる野営地は、AIが処理したり蛮族軍が発生してもそちらに流れたりする可能性があります。 しかし自分以外誰もいない方向はどうあがいても自文明にくるので、優先的に対処しましょう。

蛮族は待機で体力を回復できない(※略奪したら回復する)ため、回復を挟みながら対処すれば戦士一人で3~4回殴れば潰せます。 投石兵一人で野営地を潰しに行くのは、射程と近接防御から少し厳しい感があります。 弓を待つか戦士を使いましょう。

蛮族軍団が攻めてきた場合、相手の編成が戦士と投石兵なら弓1体でも適当に対処が可能です。 騎兵と騎馬弓兵が攻めてきたら戦士1弓2体ぐらいで都市を盾にしながら戦いましょう。野戦はそれなりの戦力でも危ないです。

蛮族の近接ユニットは都市を殴って勝手に消耗するので、遠隔ユニットを優先的に処理しましょう。 こちらの戦士も基本的には殴るより守って相手を消耗させた方がいいです。

都市を増やそう

このゲームは都市数が増えることのデメリットをメリットが大きく上回ります。 都市は多ければ多いほどいいので奪うか建てるかしましょう。

開拓者や労働者は作るごとにコストが上がっていくので、自分の力だけで大量の都市を出すのは大変です。 もし自力建設都市だけで回す場合は奪うのに比べて都市数が少なくなり、区域の隣接ボーナスが命綱になります。 都市単体の立地だけで選ぶのではなく、文明全体の出力を考えて都市の位置取りをしましょう。

都市を戦争で奪うと好戦値は上がるし外交関係が悪化するし都市も変な位置取りで資源もないクソ都市だったりすることが多いです。 しかし本作はどんなクソ都市でも文明に貢献できるので数を揃えれば些細な問題です。 派手に暴れまわって広い所領を確保し、空白地帯には自分で開拓者を送って埋めましょう。

序盤は一つの都市に色々作るよりも、開拓者や労働者を作って文明全体を底上げした方がいいでしょう。 まあ軍事ユニットやら遺産やらとの兼ね合いもあるので、一概には言えませんが。

ゲームが中盤を過ぎると、新たに都市を建てても開拓者のコストを回収しにくくなるため自分で都市を作る価値はなくなってきます。 立地にもよりますが自力拡張は100~150Tぐらいまでを目安に行うといいんじゃないでしょうか。

戦争先は相手文明の性格とUUに気を配る

相手が戦争大好きな文明の場合、豊富な軍事ユニットを備えて待ち構えています。 これに文明特性が乗ったりUUを持つ時代に戦ったりするともう最悪です。

例えばローマを相手にする場合、最序盤は何の特性もないので比較的攻めやすいです。 しかしレギオンが出てくると弓兵が簡単に倒されるようになるし、都市に駐留されると都市防御が40を超えたりします。 こうなるといくらユニット数で勝っていても中々攻めあぐねることになります。

AI文明には「攻めやすい文明」と「攻める際には時と場合を考えた方が良い文明」があります。 序盤は前者を制圧して領地を広げ、内政でアドバンテージを取って強力なラッシュユニットを用意してから後者を攻めるのが基本となります。 ただし領地の配置的に難しかったり戦争したくないのに宣戦されることも多いので、そういった時には物量と気合で何とかしましょう。

都市に建てるものは?

序盤にとりあえず都市を建ててタイル改善をしたら、次は建築物を建てましょう。

まず建てるべきものは都心の建築物であるモニュメント・穀物庫・川沿い都市であれば+水車小屋です。 とりあえず都市を建てるか奪うかしたら、この3つを作っておきましょう。

その後は区域を作って色々建てていくのですが、このゲームは都市数がそれなりにあれば各勝利条件を満たすのに該当の区域以外を建てなくても問題ありません。 科学勝利ならキャンパスと工業地帯、文化勝利なら劇場、宗教勝利なら聖地、制覇勝利なら娯楽施設と商業ハブを建てておけば何とかなります。

しかし都市数が少ないと色々な出力が不足するため、勝利と関係ない区域も建てる必要が出てきます。 だからあまり都市を置けなかった場合は区域の隣接ボーナス、工場・動物園・発電所動・スタジアムなどの複数都市に影響を与える建造物、遺産などを駆使して頑張りましょう。

特に明確な指針がない場合、交易ユニットを目当てに商業ハブを建てるのもいいかもしれません。 国内交易により都市出力が上がり、あるのとないのでは結構違います。

都市と区域をもう少し掘り下げた話

このゲーム、人口1ごとに科学0.7と文化0.3を貰えます。 しかし人口がいくら増えても、別に建造物の性能が上がる訳ではありません。

この辺はCiv6単体でなくCiv5と比較するとよく分かります。図書館の性能はCiv5では「都市人口2人ごとに科学+1」でしたが、Civ6では「科学+2」のように固定値です。なので一つの都市の人口をひたすら上げるのに拘る必要はありません。

また多都市のデメリットも殆どありません。 Civ5では1都市増えるごとに「技術に必要なビーカー+5%、社会制度に必要な文化+10%」と強烈なデメリットがありました。しかしCiv6ではデメリットが全くないとは言いませんが、大した事はありません。

なので都市数は基本的に多ければ多いほど有利です。 人口3の都市にモニュメントが建っているだけのクソ都市でも科学2・文化3が出ますよね。
これを都市を増やさずに上げる場合モニュメント+図書館が必要になりますが、それより開拓者のコストの方が安いです。 出した都市もそこで成長が終わる訳ではないですしね。

私はよく勝利条件にあまり直結しない区域を建てていませんが、これは大抵が都市数(≒人口)で解決しているからです。 例えば人口が300人いた場合、それだけで科学210と文化90が出ます。 またタイル・建築物・社会制度・都市国家ボーナスなどによっても色々な出力がプラスされます。

この人口を50都市で実現するのは大したことではありません。 しかし6都市で実現するには1都市に50人必要になり無理です。

だから少数都市進行となってしまった場合、色々な出力が不足します。 区域隣接ボーナスなどである程度はカバーできますが、しかし所詮は苦し紛れの行動です。 中々都市数の差をひっくり返すことはできません。

なので「区域なんて作る暇があったらさっさと都市を増やした方がいい。」という訳です。 本作はAIの強さは大したことないので、自己拡張よりも戦争の方がローコスト・ハイリターンです。 戦争で得た都市には様々な建築物・区域・遺産などがあることも多いですからね。

都市を増やした後はそれらの都市に勝利条件に直結した区域を建てましょう。 科学勝利なら科学(と)、文化勝利なら観光といった具合に勝利条件ごとに多くを要求されるパラメタが偏っています。バランス良く建てるより、特化していった方が勝利に近づけます。

以下、各区域の所感です。

キャンパス

人口がいれば科学は解決します。少数都市進行もしくは科学勝利目標でない限りは必要ありません。

劇場広場

都市数があればモニュメントと人口で文化は解決します。少数都市進行もしくは文化勝利目標でない限りは必要ありません。

聖地

宗教勝利目標でなければ必要ありません。宗教で補助するより都市数を増やして解決する方が省コストです。

工業地帯

科学勝利では宇宙船建造のハンマー補助にあった方がいいです。 またその他の場合でも遺産・大技術者を目的に作ることもなくはないです。

しかし工業地帯の建設物は+2/Tのために175、+3/Tのために335とかなり効率が悪いのは覚えておきましょう。周辺都市にも影響を及ぼすことを考えてもペイには結構な時間がかかります。

商業ハブ

収支がマイナスの場合は建てておくべきです。 また偉人の後援やユニットのUGなど、ある程度ゴールドがあった方が都合が良い状況は多いです。 特に制覇勝利を目指す場合はユニットの維持費やUGにかかるため、多めに作っておいた方がいいでしょう。

商業ハブは交易ユニットの作成可能数も増やしてくれます。 国内交易はかなり優秀なので、それ目当てに建てておくのもいいでしょう。

兵舎・港

制覇勝利でもこんなもの作ってる暇があったらユニット作った方がいいのでは?

用水路・近郊部

人口を増やしたいなら都市を出すか軍事ユニット作って奪うべきです。 わざわざこんなモノを立てて1都市を伸ばすのに拘る必要はありません。

娯楽施設

快適性が不足すると出力が下がったり厄介なイベントが起きたりするので、不足するようなら建てるべきでしょう。 特に多都市運営で戦争をしていると疲弊が洒落にならないので、制覇勝利目標なら優先的に建てておきたいですね。

総括

散々こき下ろしましたが、ハンマーに余裕があるのなら何を何個でも建てて問題ありません。 不要な区域でも必要区域の隣接ボーナスになりますし、勝利に直結しなくともいくらか建てておいた方が有利に運べる区域があるなんて状況も多いでしょう。
ここで言いたかったのは「区域は必ず作らなければならない類のものではない」という事だけです。

軍事ユニットはどうする?

ひたすら侵攻を続けるのであれば軍事ユニットは常に最新のでいいですが、防衛戦力として置く場合は話が変わります。 ユニットのUGにはそれなりにゴールドがかかる上、最新ユニットは維持費も高いです。 戦争にならないのであれば旧時代ユニットのまま置いておきたいのが人情です。

宣戦されたターンは敵ユニットは国境の外にいることを考えると、昇進する隙は十分にあるように思います。 もちろん都市の位置取りにもよりますが、必ずしも最新鋭のユニットを用意する必要はないでしょう

ただ旧時代のユニットは軍事力評価が低くなりますので、クレオパトラ辺りに煽られたり、安く見られて宣戦されたりする可能性があります。 その辺は考慮しておきましょう。

ある程度ゲームが進んだらUG費半額のために社会制度「傭兵」を開発し、UG費用をプールしておいた方が無難です。 実際にセットするかはさておき、もしもの時は保険となります。

Civ6攻略記 HOME