テクノロジー開発の流れ【序盤・共通編】

意識して取る技術取得順の一例を記述します。状況次第でルートは変化しますので一例としてお読みください。 間にある技術は良い感じに取ってください。

1.陶器→畜産→採鉱→弓術

流石にこの辺の技術を後回しにすると苦しいのでさっさと取る。大体この順で開発しておくと間違いないが、初手に何を取るかは考慮する余地がある。

初手陶器

神殿を早く建てることができる。宗教に力を入れる気がなくても「陶器研究までに宗教都市国家と遭遇したら神殿を建てる」など選択肢を用意できる。

初手畜産

馬を表示できる(&隊商を早く作ることができる)。馬資源タイルはタイル出力も優秀なので、特に初期文化圏に資源タイルがない場合などは優先度高目。至近に他文明がいる場合、早めに隊商を作るのもあり。

初手弓術

戦士だけでは狩り辛い蛮族も弓兵がいれば狩ることができる。放置するほど沸いてくるので、早い段階で弓兵がいると少ない労力で根絶できる。

初手採鉱

労働者が出てくるまで時間がかかるので通常は3手目ぐらいだが、首都直下に金銀宝石があれば話は別。10Tに資源を放出すれば2都市目を出す頃の40Tには返ってくるし、小銭や友好度を稼ぐこともできる。

2.幸福資源改善技術→帆走→哲学

幸福資源は改善なしで拡張するのは無謀だし、戦争になりそうな場合は宣戦依頼のネタになる。優先的に開発してさっさと改善しよう。

帆走の開発は交易路を増やすのが目的。交易路は科学力の底上げ&資金稼ぎ&外交感情が良くなると良い事ずくめ。 ただし護衛なしで貿易船を出すと蛮族に狩られがちなので、序盤は守りやすい隊商がおススメ。

古代の技術はどれも必須レベルだが、車輪・石工術・トラップ・青銅記辺りは資源がなければ後回しにする。国立大学とアポロ神殿のある哲学を早めに目指しておきたい。

内政するにしても戦争するにしても、哲学を目指して国立大学をさっさと建造するのは同じだ。国家遺産は都市が増えてると建造ハンマーが増えるので、戦争プレイでもここできっちり作っておきたい。

3.方針で分岐

ここまでは非戦でも戦争前提でも大きな違いはないが、ここから先は少し動きが変わってくる。

内政する→テクノロジー開発の流れ【内政プレイ編】

戦争する→テクノロジー開発の流れ【戦争プレイ編】

Civ5攻略記 HOME