有名どころのラッシュ紹介

古代~古典

占領した都市よりも自分で出した都市の方が裁判所が要らない分優れているので、拡張の余地があり、都市に遺産も少ない序盤から戦争することはあまりない。

だが序盤から戦争した方が良いかもしれないケースも全くない訳ではない。 他文明に頭を抑えられて拡張の余地が早々になくなった、大陸に2文明しかいない、隣国が遺産ばかり建てているなど、情勢次第では早期の侵攻を狙っていきたい。

戦闘弓射手

特に高難易度では今ひとつ頼りないが、地形とプレイヤーの運用次第では創造主文明も倒すことができる。早めに建築学を目指して都市が固くなる前に勝負を決めたい。 白兵攻撃の前には脆いので、前衛に戦士でも槍兵でも置いておくと大分違う。前衛UUがいる文明なら有利に戦える。

破壊槌&弓騎兵

フンのUUを使っての序盤からのラッシュ。 古代から出せるユニットとしては破格の強さで、難易度創造主においても4文明近く飲み込む事も可能。ただしラッシュが成功したとしても以後のゲームを有利に進められるとは限らない。目的意識を持っての侵攻が肝心。

中世

この頃には内政注力した文明が遺産を抱えて肥え太ってくる所だ。 そのまま放置すると独走気味に走り出すので、思い切り横っ面を殴りつけよう。 ただし万里持ちを攻めるのはやや無謀なので、攻めやすい地形の相手か強力なUUを持っているかでない限りは止めておこう。

弩兵(機械)

強力な遠隔ユニットで、ある程度の白兵防御力も持ち合わせる。 白兵ユニットを盾に進軍した方が安全だが、最短で研究した場合は長槍兵が間に合わない。 弩兵単一構成でもそれなりに戦えるので、ラッシュ序盤は前衛抜きでいいだろう。 官吏を研究してから長槍兵を前線に送れば良い。

ケシク・ラクダ弓兵(騎士道)

モンゴルとアラビアが可能な騎士UUのラッシュ。弩兵よりも一回り強く移動力も高いため、ルネサンスや場合によっては産業時代以降でも暴れまわることができる。パンゲア8文明程度であればこれで併呑できる可能性もある。 大抵の文明に対して有利を取れる強力なラッシュだ。

ルネサンス

ルネサンスは上段の海軍ルート、中段の内政ルート、下段の大砲ルートに分かれる。 中段、下段はルネサンスの先を見据えたルートなのに対し、上段海軍ルートはルネサンスに勝負を賭けるルートだ。 海上戦力は上段とそれ以外で明確な差が出る。ルネサンスの主戦場は海の上だ。 中・下段ルート文明を放置すると後でエライ目にあうのできっちり叩いておこう。

フリゲート艦(航海術)

強力な遠隔攻撃を誇る海軍ユニットで、産業時代のユニットに遜色ない戦闘力を誇る。 ここから産業時代一杯ぐらいまで海上はフリゲート艦で戦い抜くことができる。 生産に鉄が必要なのと、内陸部には手出しできないのが欠点。 同技術で海軍白兵ユニットである私掠船が解禁されるのも嬉しい。

産業時代

産業時代は大砲が台風の目だ。しかし内政特化した文明もガトリングやマスケットを早々に手に入れるため一方的に攻撃できる訳ではない。腕の見せ所だ。

大砲(ダイナマイト)

射程3マスの上に障害物を越えて射撃できる攻城ユニット。白兵攻撃には脆いが、射程を活かして反撃されない安全地帯から一方的に攻撃できるのが大きな強み。 固い都市相手でもガンガン削る力があるので、版図を大きく塗り替える力を持つ。 爆撃機に攻撃されると蒸発していくので、その時は対空ユニットと歩調を合わせたい。 対空砲や空軍の援護があれば、最後まで活躍できる。

現代

現代からはついに飛行機が解禁される。都市から一方的に爆撃されるので、防御が弱い大砲などはひとたまりもない。ほぼ空軍のみで戦うこともできない訳ではないが、対空砲が並ぶ頃にはつらくなる。 空軍はどちらかといえば都市よりユニットへの攻撃に優れるので、爆撃機で露払いしつつ大砲で都市を攻めると効果的。

第1次大戦爆撃機(飛行機)

最強ユニットの名高い爆撃機の初期型。 石油が必要だが、生物学が未研究・石油を持っていない場合でも借りれば作ることができる。 都市や空母に駐留する必要があり、駐留先が落とされると一緒に消滅するので注意。 空中修理の昇進があれば爆撃しながら回復できるので、そこからが本領発揮。 相手ターンに直接攻撃されることはなく(※核攻撃除く)射程も長いため、大砲以上に一方的に攻撃できるのが魅力。
対空砲が出てくると簡単には爆撃できなくなるので、その時は戦闘機や陸軍と歩調を合わせていきたい。

戦艦(電子工学)

射程3の強力な海上遠隔ユニット。 石油が必要で飛行機とトレードオフだが、海軍が活躍するマップなら作っておいて損はない。 多島海などでは決戦兵器となりうる力を持つ。

歩兵(プラスチック)

戦闘力70の強力な白兵ユニット。 最大の特徴は内政ルートであるプラスチックで解禁される事。 つまり内政特化文明の歩兵は異常な早さで出てくるのだ。 歩兵単一編成でも進行次第では数文明叩きのめせる強さを持つ。

原子力時代

ここまでくれば陸・海・空を組み合わせての総力戦となる。 そして怖いのが着弾地点の周囲2タイルに死を振りまく原子爆弾だ。マンハッタン計画を完了させた文明の航空ユニット表示には注意を払おう。

爆撃機(レーダー)

最強ユニットの名高い爆撃機の中期型。 射程が8マスに伸びるので、攻撃できない都市はほとんど無くなる。 この頃には対空砲が並びだすので、間を縫って都市攻撃を仕掛けたい。 大量の対空砲に並ばれると爆撃機頼りでの進軍は厳しくなるので、地上軍との連携や核の援護を忘れずに。

ロケット砲(ロケット工学)

空が爆撃機なら陸の主力はこちら。 弱点だった白兵攻撃力もそこそこあり、移動力3&射撃準備不要なので機動部隊として運用できるようになった。 単体運用でも強いが、空軍と連携することで更に性能を引き出せる。

原子爆弾(核分裂反応)

都市と敵ユニットをまとめて吹き飛ばせる。 都市に駐留している飛行機にダメージを与えられるのも特徴。 コストは重いがそれ相応の効果はある。 密集している対空砲や飛行機をまとめて吹き飛ばしてしまえ。

情報化時代

無体な性能を持つユニットが入り乱れて戦場は混迷を極める時代。いつ科学勝利や外交勝利を達成されるか分からない時代なので、通知メッセージや状況にも気を配りたい。死力を尽くして戦おう。

XCOM(XCOM)

周囲40タイルのどこにでも降下する無茶な移動力を持つ。使い捨て気味に使うと強い。 大量降下→制圧→大量降下のサイクルでどんどん都市を落としていける。 都市を殴るのは少し辛いので、攻城攻撃などを付けてカバーしたい。

核ミサイル(高度な弾道学)

着弾地点の周囲2タイルのユニットが消滅する。都市にもえげつないダメージが入り、耐久を削りきれば消滅させることができる。 コストは重いが、これを撃たれた方は大抵このコスト以上の損害を受ける。 ウランがあるだけ作りたい。また他文明のウラン改善は積極的に潰して回りたい。

ステルス戦闘機(ステルス)

最強ユニットの名高い爆撃機の後期型。 特にステルス戦闘機は「ステルスラッシュ」の別名があるほど別格の強さ。 最大の特徴はアンチユニットがいないことで、回避(100)の力で対空砲だろうが遠慮なく爆撃できる。 核ミサイルよりも射程が長く、核配備された都市にも一方的に攻撃できる。 (ただし移動力が増えたミサイル巡洋艦に搭載された核とは実質的な射程が互角なので油断は禁物) 昇進を重ねたステルス戦闘機に対抗するには戦略レベルで備えが必要になる。 最強のラッシュユニットに相応しい性能を持つ。

Civ5攻略記 HOME